2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト







連続更新頑張れの ポチ & コメントお願いいたします!! ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ 連続更新頑張れの ポチ & コメントお願いいたします!!








上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2









厄介な水槽の住人 ③







連続更新頑張れの ポチ & コメントお願いいたします!! ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ 連続更新頑張れの ポチ & コメントお願いいたします!!








サンプル1(がもうえび)です

今日は北風も強くかなり冷え込みましたね?
明日はさらに寒気が強まるようなので、皆さん体調管理に気を付けましょうね

今日は厄介な水槽の住人シリーズ第三弾!!

今回のテーマは「茶ゴケ」です

多分、どの方も一度は目にしたことのあるコケだと思いますが、確認の為にどうぞ
IMG_5391_1.jpg
                                         「AQUALiving様提供」
もうちょっとアップで・・・
_DSC8467.jpg
                                          「AQUALiving様提供」

水草レイアウトで底床として使われるソイルは多量の養分を含んだ底床肥料と言えます

その為、セット直後には主に底床表面のソイルの粒からは養分が水に大量に溶出します
底床にソイルを使った場合、セット直後少なくとも2週間は集中換水すべしというのは
こういった理由によるものです。大変ですがこれが非常に大切なメンテナンスですね
そのセット初期の換水を怠った場合に多く発生するのが、本題の茶ゴケ(珪藻)です

水草水槽で外部フィルターなどのろ過をと導入している場合では、発生のタイミングの
多くはセット初期だと思われます。学術的には「珪藻(けいそう)」と呼ばれています
淡水のみならずどちらかというと海水魚水槽環境の方が一般的に発生すると思います
※このことについてはwikipediaの『珪藻』の項には生態など詳しく説明されています

出てくるときはどこからでも出現します。増殖も早く、数日程度で目に見えて増加します
増えていく場所もソイルなど底床の表面を中心に水草の葉っぱや流木、石、ガラス面など
どこにでも付着し増えていきます。恐ろしいコケのような印象を受けるかもしれませんが
実際はそんなに厄介なコケというわけでもありません

まず先に書いたように集中換水(具体的な換水の方法はコケを出さない水槽管理を参照)
をしっかりと実行していれば、水草水槽では少しは出ても大発生することは早々ありません
大発生してしまっても、この茶ゴケはヤマトヌマエビ、ミナミヌマエビなどのエビの類が非常に
よく食べてくれます
DSC_3056.jpg

60cm規格水槽で20〜30匹も一気に入れると、全面茶ゴケが覆っているような水槽でも
一昼夜で驚くほどよく食べてくれてなくなります。3〜4日もするとほぼ全て殲滅可能です
お腹をすかした購入直後のヤマトヌマエビが効果が高いです。またろ過バクテリアが定着し
水質安定してくればコケ自体が白っぽくなって勢いなくなり、枯れてしまうこともあります

海水魚や大型魚水槽などは魚の糞などで富栄養化環境にあり、茶ゴケの発生が多いです
しかし、水草水槽なら通常は魚の量も少なく、外部フィルターに加えて、水草自体にも高い
浄化能力ありますから茶ゴケにとっては過酷な環境とも言えるのだと思われます

茶ゴケにはヤマトヌマエビなどのエビ類投入が一番効果的ですが、市販されているテトラの
アルジミンやバイコムのアルジガードなども効果があります。コケ抑制剤と言われている
製品に一番効果あるのがこの茶ゴケ(珪藻)となりますね

しかし、溶剤はコケのみならず善玉の濾過バクテリアにも影響がある恐れも考えらるので
どうしても上手く行かない場合を除いて、まずは生体による対処をオススメ致します

実際は茶ゴケよりも、一時でも富栄養化環境のため厄介なアオミドロや黒髭ゴケが出てくる
可能性を高めてしまう方がどちらかというと注意して観察していた方がいいですね
先を見据える管理という意味で発生後に対処するよりも、セット初期の2週間は集中換水
を行い、富栄養化環境自体を避けるべきと言えます。急がば回れ・・・ですね!!




【総括】
 
 発生要因
 
 ■ 富栄養化
  ・ソイル環境で初期の集中換水しなかった場合
  ・生体が大量にいる環境

 ■ 水質面の対処方法
  ・大量換水を高い頻度で行う
  ・外部フィルターの清掃
  ・点灯時間を減らす
  ・肥料などの添加を控える

 ■ 駆除方法:
  ・ヤマトヌマエビ、ミナミヌマエビなどエビ類の大量投入


皆さんいろんな現象をとらえて水質の安定度を見ていらっしゃいますが、今回はコケ
を利用した水質の安定度を測る尺度についてのご紹介になりました

※あくまでおおまかな傾向を示したに過ぎず、上記の内容に必ずしも合致しない状況
も十分に考えられます。一つの尺度としてご参考にしていただければ幸いです






今週もまたまた出品しております。(※エビちゃんはありません)

蒲生海老 ヤフオク

お時間のある方は是非寄ってみてください


web拍手 by FC2









コメント


うちは茶ゴケは今のことないですね(^^)/

平均照明時間は6~7時間です!緑苔はたまにちょこっとあるだけで自然ときえちゃいます(>_<)笑

こんばんは^^

茶コケ・・・確かに、厄介ですよね^^;

掃除しなきゃ~(笑)

おはようございます

水草に茶ゴケは厄介ですよね
それが黒ひげになってしまったら大変

昔は何も考えず薬を投入してましたが
苔がなくなる頃には水草も枯れ始めましたwww

茶ゴケ…(笑)
うちも一つだけヤバい水槽があります(笑)


プレゼント企画
締め切りせまってますよ~!
お急ぎ下さいね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます。

なるほど、今回もとても参考になりました^^

ヤマトや石巻貝に頑張ってもらいます!

どもですっ♪
ちょっとご無沙汰してました^_^;

茶ゴケ。。。嫌ですよね~。
前面の苔はしっかり取ってますが横の面とかの茶ゴケは取ったほうがいいんですかね。
やっぱり立ち上げ初期のしっかりした換水が大事なんですね~。
次回立ち上げ時はやってみよう!

ポチッと!

こんばんは~(^_^)
お疲れ様ですっm(__)m
いつもお世話になっておりますm(__)m
茶ゴケですか~
出ると厄介ですよね~
ポチッ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gamoshurimp.blog.fc2.com/tb.php/75-452d2570

chrome hearts

厄介な水槽の住人 ③:蒲生海老