FC2ブログ
2012 101234567891011121314151617181920212223242526272829302012 12

コケを出さない水槽管理







連続更新頑張れの ポチ & コメントお願いいたします!! ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ 連続更新頑張れの ポチ & コメントお願いいたします!!








サンプル1(がもうえび)です

まずは宣伝・・・
エビちゃんヤフオクに出品しました(※蒲生海老※出品ページ)
黒エビちゃんのミドルグレードを出品してみました(汗)
皆さんいろいろアドバイスがあればお願いしますね


もうすぐ5000アクセスになりますので
まずは、蒲生海老のブログに訪問いただき、コメントを寄せてくださいね

参加方法は昨日の記事をご参照ください!!

昨日の記事にも追記しましたが、5000アクセス該当記事には・・・
※公正を期する為にコメントは公開で投稿くださいますようよろしくお願いします!!
鍵コメでコメントされた場合については今回の企画参加の対象とはできませんので


こころよりお待ちしております


さて今日はエビちゃん飼育水槽にとって重要な水質の管理について
コケの発生の側面から見ていきたいと思います

ソイル底床には総じて水中のカルシウム、マグネシウムを吸着することにより
水のpH(ペーハー)、硬度を下げる効果があります。この効果が育成難易度の
高かったトニナやスターレンジなど南米産の水草育成が容易になった理由です
またソイルの粒は、この能力に加えて水草への肥料分を蓄える能力もあります
沢山のメーカー(最近ではブリーダーさんもソイルを開発されてますよね)が
ソイル底床を扱ってますが、個体差はあれ全てのソイルで肥料分が含まれます

これは大きなメリットでもありますが、見方変えるとデメリットでもあります
ソイルの肥料分は水を張ると、水中内に多少なりとも溶出してきてしまいます
これはソイル内に埋めて使う固形肥料を底床上に置いてあるのと同じ状況です

底床セット初期の水槽に水を張ったばかりの時は、水草も少なく、ソイルの粒
から溶出してきた肥料分を消費してくれる水草もかなり少ないと推測出来ます
水草が消費できなかった肥料分を消費するのが、最大の敵のコケ(藻類)です
余剰な肥料分は、コケの発生を簡単に誘発する最大の原因となってしまいます
セット初期は特に肥料分が水中に流出する量も多く、そのままほったらかしに
しておけば大量のコケを発生させることが簡単に目に見えています

エビちゃんの飼育にはソイル底床が必要なだけにコケの発生を回避させる方法
を考えましょう。ここにコケの発生を回避させる方法が2つ程あります
まず、一つ目で最大の効果を期待できるのは短期集中での水換作戦です
その方法は余った肥料分を能動的に「捨ててしまう」考えに基づくやり方です
「捨ててしまう」というのは換水をして水槽から出してしまうと言うことです
ただそのペースは結構ハードでセットして最初の1週間ほぼ毎日という感じです

glaf_1.gif
                                         「AQUALiving様提供」

換水の量については諸説ありますがここでは以下の量で換水します
① 水槽セット初日から1週間まで → 2日に1回水量の約2/3換水
② 1〜2週間 → 2日に一回水量の約1/2換水
③ それ以降 → 1週間に一度約1/3~1/4換水

セット初期の2週間だけ頑張ればコケに悩まされる確率は格段に少なく出来ます
さすがに上記のペースは無理という方もその半分の量でも換水していれば全く
しないよりはるかに良い結果を得られるので少しでも換水するのをお勧めします

もう一つの方法は余った肥料分を外に出すのではなく水草に消費させる方法です
この実現の為には大量の水草が必要です。それに水草はなるべく養分の吸収能力
の高い水草、たとえばロタラの仲間やエキノドルスの仲間、他にはルドヴィジア
ハイグロフィラ、ブリクサの仲間などが総じて浄化能力、養分の吸収能力が高く
これらの水草(いわゆるスターティングプランツと呼ばれるもの)を可能な限り
多くを初期セット時に植えることで余った肥料分を消費してもらいます

エビちゃん水槽、水草水槽の安定にはそれなりの苦労が必要ということですね
初期の苦労が後々の綺麗な水槽の維持には欠かせない要素となりますので上の
方法を行って是非綺麗なエビちゃん水槽、、水草水槽を作ってください!!




今週もまたまた出品しております。

蒲生海老 ヤフオク

お時間のある方は是非寄ってみてください
web拍手 by FC2