FC2ブログ
2012 101234567891011121314151617181920212223242526272829302012 12

厄介な水槽の住人①







連続更新頑張れの ポチ & コメントお願いいたします!! ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ 連続更新頑張れの ポチ & コメントお願いいたします!!








ついに、1か月毎日更新を達成しました!!
これも皆様の暖かいコメントのおかげです
   本当にありがとうございました


皆さん、連続投稿継続中・・・

ロゴ(がもうえび)です

毎日更新はどこまで続くのか・・・

名前が多少なりとも定着するまでは、出来る限り更新していくつもりです!!


昨日、ついに念願の・・・
ヤシャブシが到着いたしました
今週末には下準備をして、各水槽に投入したいと思います!!


今日は厄介な水槽の住人シリーズ第一弾!!

今回のテーマは「ヒドラ」です

見たことがない方には一見黒髭コケみたくコケの一種と思われる方もいらっしゃる
かもしれません。とりあえずやつらの写真をどうぞ!!まずは敵を知ることです
IMG_0407_1.jpg
                                          「AQUALiving様提供」
もうちょっとアップで・・・
IMG_0398.jpg
                                          「AQUALiving様提供」

気持ち悪いですね、お食事中の方はご遠慮ください(汗)
ヒドラは、イソギンチャクの仲間でよく見ると水流に打たれながらうねうねと動いてます

自然界では川や池の中の落ち葉や石、水草に付着して生育しています
川に生えている水草をそのまま水槽に入れてしまうとヒドラが一緒に付いていて水槽内で
増えてしまうこともあります。先日エビランドさんも菌の混入の話をされてましたが・・・

ヒドラは凄まじい再生能力の持ち主で体を2分割、3分割にしても個々にまた完全に再生が
可能というほどの恐るべき能力を発揮します(全くうれしくない能力ですが・・・)
このような高い再生能力は、水槽内で同様に発生して見ることのあるプラナリアにもあり
昨今の再生医療の発展もあり、学術的に非常に大きな研究対象にもなってはいます

コケではありませんから富栄養化で増殖するわけではなく水槽内の微生物であるミジンコ
やミズミミズなどを捕食したりして普通に生体として繁殖し生存していきます

捕食方法は、ヒラヒラさせた触手をピュッと伸ばして餌を捕らえます
その触手には海に生息するイソギンチャク同様に毒があります。淡水生息のイソギンチャク
とでも言える生き物です。コケのようにいきなり発生することはなく、お店での購入品や
現地採集した水草(ワイルド種)などに付着していたものが混入するなどして入り込みます
(スネール等と同じ)それが水槽内に解放されると、吸盤のような器官でガラス面や水草
流木などあらゆる場所に貼りつきなかなかはなれることはありません

前述したように、もしスクレイパー等で剥ぎ取ろうとしヒドラの体を傷つけても、凄まじい
再生能力でビクともせず、また増殖したヒドラが水槽のあちこちに貼りつくことに(汗)
これだけ再生能力高いとスネールと同じで一度水槽内入ってしまったら完全に駆除する
のが難しいように思えてきます・・・

ただ、ヒドラにも弱点はあります

それはヒドラ自身が多少水質に敏感なところで、まず一般の水道水に含まれている塩素に
弱くカルキ抜きをしていない水質下では死んでしまうか弱ってしまうことが多いようです
また夏場の高温にも弱く30℃前後位になるとかなりヒドラにとって厳しい環境となります
そして餌となるミジンコ、ミズミミズが居なくなれば生きられません(一定期間は残ります)

とはいっても、ビーの飼育環境で塩素の入った飼育水も高温もタブーですし、大事な稚エビも
ヒドラの捕食対象になってしまうという最悪の状況(ヒドラにとっては最高)があるのも事実

そこで、最終的な駆除方法として考えられるのはヒドラを大好物としていて効果が絶大な
あいつを水槽内に導入することですね。導入前にはエビちゃんは全部移動させてくださいね

それは、こいつだ
P1020549.jpg
ゴールデンハニードワーフグラミーです


大発生してしまった場合、ゴールデンハニードワーフグラミーでの駆除が一番効率良く
逆に言うと他に画期的な方法はないようです(汗)どの種類のグラミーでもいいわけではなく
ヒドラを好んで捕食するのはゴールデンハニードワーフグラミーだけの食性のようです・・・

もちろんスポイトで一つ一つ吸い出すことも可能ですが目の届かない場所にもヒドラが居たり
しますから、気づいたらまた繁殖していてせっかくの努力も水の泡となることも多いです

あくまでもグラミー投入は最終手段なので、まずは購入してきた水草や生体、採取物に付着
して大切な水槽内に混入させないよう、しっかりと事前にトリミング等を行うことです

急がば回れ、ゆっくりと焦らず着実に・・・エビちゃん飼育にも通じる大切な心構えです




今週もまたまた出品しております。(※エビちゃんはありません)

蒲生海老 ヤフオク

お時間のある方は是非寄ってみてください


web拍手 by FC2